時代の流れ

b0131135_17565428.jpg 11月29日の東京スカイツリーです。高さは224mに達しました。東京タワーより302mも高い634mになるそうです。強度確保のためでしょうか、ちょっとねじれた足元になっています。
昭和30年代に東京タワーに関わった方や工事中の写真を撮って楽しんだ方達は、すでに高齢になられています。松寿園のゲストの中にもいらっしゃるかもしれません。スカイツリー開業後はもしかすると、東京タワーは忘れられてしまうかもしれません。
そして、将来は東京スカイツリーの建設中を再現した映画ができるかもしれません。
時代は移り、どんなに技術が進歩しても人間の行動はそんなに変わらないものなのかもしれません。
今日という日を誠実に生き、ゲストと真摯に向き合い、個々を尊重することで将来の私たちの生活も見えてくるのかもしれません。

昭和の時代を支え、日本経済を支えてくださった高齢者の方々には改めて感謝の念を抱きます。
今、私たちがすべきことを今一度振り返ってみる時期かもしれません。
ゲスト権利擁護指針を改めて心に刻み返したいと思います。
[PR]
by rokkoudai | 2009-11-30 18:05 | 法人本部事務局 | Comments(0)

介護の魅力とは・・・

11/23千葉県教育会館において「介護の魅力を語る千葉県フォーラム」~福祉の明日を支える!~が行われました。会場には、県内介護福祉士養成校の生徒をはじめ、施設職員ほか500名近い方が集まりました。さわやか福祉財団理事長 堀田力氏からの基調講演の後、松寿園にもお越しになっている植草学園短期大学の古川先生がコーディネーター役として、県内施設で働く3名の職員からの事例発表がありました。
b0131135_2218777.jpg
「介護とは幸せをつくる仕事である」シンプルですが、印象に残った言葉です。
介護のイメージは、いろんなカタチで伝わっており、なかなか正しく伝わっていないのが現状ではないでしょうか。また、私たち介護業界側もそのイメージを積極的に伝えたり、そもそもイメージを意識した取り組みをしていく意識自体、希薄であったと思われます。介護のいいところをアピールする視点と現状をつまびらかにオープンにしていく視点が大切です。
昨今、しばしば介護職の低賃金が話題になっています。
その理由について上野千鶴子著「当事者主権」によれば・・・①これまで女性が家族の中でタダで供給してきたから②女性なら誰でもできる非熟練労働と見なされてきたから③主婦のように無尽蔵の労働力の供給源があると考えられたから。もちろんこの理由は全て間違っている!!!。更に、ケアサービスの労働力不足は、看護師不足と同様ある意味「つくられた問題」である・・・。と書いてありました。
確かに、政府の緊急雇用対策を見ると、失業者→介護業界へといった傾向は安易的でもあり、かなりの割合でそのミスマッチが起きているのが現状であります。介護の労働価値が決して高く評価されていないからこその発想であり、介護の業界で働く者としてプライドを失わないでいたいと思わされます。
堀田先生も基調講演の中で「お金を稼ぎたい。お金の価値に優先を持たれる方は、介護には向いていないのではないか!」とはっきりおっしゃっておりました。お金では買えない人と人との接点の中で生まれる深くて広い様々なシーンに遭遇することができ、その経験から自分の価値観が揺り動かされ、感性が磨かれ、ひいては人間性の向上が期待される・・・。
人生の最期の幸せづくりの支援は、すべての世代の人々の安心に関わる非常に大きなテーマであること。誰しもが、避けて通れない「介護」という人生の難所を乗り越えていくために、介護職の力が少しでも役に立つことがあれば、自分自身にとってもどれだけ幸せなことか・・・。やはり、直接人の為になることに係われるということは、なかなかあるものではないでしょう・・・。
そう!介護は、本来受ける側も提供する側も笑顔が増え、幸せを享受できるものでなければなりません。
と言いつつも、まあ、仕事ですから、辛いことが多いのも当然!辛いのが仕事。辛いからこそお金が頂けるのです。
介護は、辛い!辛い!といった現実も事実ですが、辛さの中に埋没しかけているたくさんの楽しい!嬉しい!を掘り下げていくその仕組みや力、気力を培っていくことが重要です。
まだまだ、介護の歴史的深みは、医療・看護の深みには及びませんが、福祉に携わる関係者(特養・老健・デイ・ヘルプ・地域包括・・・・福祉って結構複雑!?)は、その分断されがちな価値を統合させ、福祉の業界で働く者が自信と誇りを持って活躍し続けることのできる業界にしていかなければならないと心新たに感じることができました。
[PR]
by rokkoudai | 2009-11-23 22:23 | 常務理事 | Comments(0)

寸劇:人形座「あん」

11月22日、人形劇のまち飯田市より、各施設でボランティア公演を行なっている人形座『あん』の宮澤利江さんにお越しいただきました。
b0131135_2212983.jpg
今回の演目は紙芝居『三枚のお札』と人形劇による寸劇で、絶世の美女『多田野お米さん』とイケメンである羊の『麺麺君』が登場。迫力のある紙芝居、そして寸劇ではゲストの方も一緒に参加させていただき、あっと言う間の内容の濃い1時間でした。宮澤さん、どうもありがとうございました。 
(写真の掲載についてご了承を頂いております)
[PR]
by rokkoudai | 2009-11-23 22:03 | Comments(0)

食欲のでないゲストへ

大好きなワンちゃんにも会えたのに、なかなか食欲のわかないゲストへ、お好きな物を少しずつ盛りつけるお食事に変えてみました。
b0131135_17512223.jpg

良かった~emoticon-0102-bigsmile.gif召し上がって頂けました。
明日は何をご用意しようかなぁ~と、嬉しくなった栄養課スタッフでしたemoticon-0157-sun.gif
[PR]
by rokkoudai | 2009-11-19 17:52 | Comments(0)

すき焼き

今週の昼食は、”すき焼き”です。
b0131135_20414777.jpg
月曜日は新館3階「であい棟」、火曜日は2階「なぎさ棟」、水曜日は本館2階「めぐみ棟」、金曜日は新館1階「花園棟」。
牛肉、白菜、長ネギ、しいたけ、エノキ、糸こんにゃく・・・と、
厨房職員がふんだんに準備した材料を、卓上コンロに乗せ、ゲストの皆さんの目の前で味付け・調理をし、卵をかけて出来上がり。
b0131135_20421012.jpg

食事の後は、思い出の歌など歌いながら楽しい一時を過ごしていただきました。
[PR]
by rokkoudai | 2009-11-18 20:42 | Comments(0)

昨日11/11は、「いい日。いい日」にかけて介護の日です。松寿園のゲストの方々にどのように「いい日」を送っていただくか・・・。毎月11日の麺の日にかけて「ラーメンパーティ」と題して、昼食時にラーメンを召し上げって頂きました。
b0131135_18414844.jpg

b0131135_18475299.jpg
そこらのらーめんではありません。松戸市五香にある
「13湯麺(かずさんとんみん)」(ラーメン道場の塾長であったことも有名)のオーナーがご来園頂き、ゲストの目の前でふるまっていただきました。さっぱりとした中にもコクがある味付けで身体に良いかどうかは別として、スープを最後までついつい飲んでしまう深イイ味です。元明星食品の即席麺の開発に携わっていたとの経歴もあり、麺のツルツルした歯ごたえや光沢感、のど越しもベストマッチ!最高の逸品でした。ゲストの方々も喜んで召し上がっていらっしゃいました。

※ちなみに「13湯麺」五香店は、02.12.31日本テレビ放送「史上最大!全国民が選ぶ美味しいラーメン屋さん列島最新ベスト99」で全国第6位に選ばれた名店です。
[PR]
by rokkoudai | 2009-11-12 18:50 | 特別養護老人ホーム | Comments(0)

新任スタッフ!?

b0131135_038204.jpg
ゲストの癒し係として辞令交付!
今後の臨時スタッフとしての活躍を期待する!

我が家のワンコです。ゲストのご希望により出張いたします。
[PR]
by rokkoudai | 2009-11-11 00:40 | 常務理事 | Comments(0)

医療環境管理士

http://www.iryo-kentei.jp/voice/047.php
http://www.iryo-kentei.jp/voice/049.php
法人スタッフ2名が紹介されております。法人の感染症対策チーム(ICT)のメンバーです。よろしければ、ご覧ください。
[PR]
by rokkoudai | 2009-11-10 08:42 | 六高台福祉会 | Comments(0)

大輪の菊

小春日和の日差しに、色鮮やかにに映える三段仕立ての大輪の菊3鉢は、デイサービスご利用のゲストのご家族様がお貸し下さいました。無償のリース?・・・ありがたくご好意に甘え、デイサービス玄関前に飾らせて頂きました。
送迎車の乗り降りに、この菊の花を見られるゲストの皆様のお顔が一層輝いて見えました。
b0131135_13323089.jpg

”菊作り 菊見るときは 陰の人”  
作家、吉川英治さんの句を思い浮かべながら、お貸しくださった菊作りのご主人様に、感謝申し上げます。
[PR]
by rokkoudai | 2009-11-06 13:33 | デイサービス | Comments(0)

カラオケボックスへ

10月27日に特養ゲストとご家族様と一緒に外出してきました。場所はカラオケボックスのシダックス松戸五香クラブへ。曲数が多く、時間が足りないくらいでしたが、「さざんかの宿」や「有楽町であいましょう」など演歌から森山直太朗の「さくら」まで幅広く歌われました。ゲストの方はいろいろな歌をご存じでいらっしゃいます。
施設内の行事「居酒屋」でのカラオケの機会はございますが、場所を変えて雰囲気を変えた、気兼ねのない時間って必要ですよね。楽しんでいただけたのであれば、幸いです。
b0131135_1748734.jpg
(ご本人様・ご家族様より写真掲載のご了解を頂いています。)
[PR]
by rokkoudai | 2009-11-04 17:49 | 特別養護老人ホーム | Comments(0)

松寿園の近況をお知らせしています