やわらかケア・介護塾 ~みんなで考える介護~

10月23日(木曜日)標記タイトルの交流会を開催いたしました。
月2回開催しているうんどう教室(松戸ピンシャンくらぶ主催)の方々をお招きして、「介護保険制度の利用方法について」と題して30分のミニ講義。→施設内の見学(特養・ショート・デイ)といった流れで実施いたしました。24名の方々が参加してくださり、見学中には沢山のご質問をお受けすることができました。
身体を動かして体力の維持に努めることも欠かせませんが、時には「暮らしの情報」として情報収集の時間を持っていただくことが、地域における「安心生活」の継続につながっていくものだと考えています。
今後、毎月1回、定期的に地域の方々と交流を図りながら、一緒に「介護」を考えていく場をつくっていきたいと思っています。
b0131135_9452546.jpg
b0131135_9454570.jpg
b0131135_9491460.jpg

次回以降の予定・・・
11月22日(土曜日)10:30~松寿園にて
  「献立と食事環境の工夫について」:松寿園 管理栄養士 伊藤光子
12月13日(土曜日)10:30~松寿園にて 
  「介護予防の基本について」:介護予防支援事業所所長阿保智子
1月24日(土曜日)10:30~松寿園にて  
  「認知症高齢者の基本的理解」:松寿園施設長正田貴之
 参加対象:介護をされているご家族、地域住民のみなさん、施設で働いている職員など
 申込方法:事前にお電話で 047-386-6357 小山・正田まで
 参加費用:無料
※「認知症」「食事・入浴・排泄」「環境づくり」など様々なテーマについてみなさんで一緒に考えていきます。深く・楽しく学び、技術や知識を身につけてください。ご希望の方には施設の見学も可能です。どうぞお気軽にご参加ください。
[PR]

# by rokkoudai | 2008-10-24 09:55 | 六高台福祉会 | Comments(0)

移動図書館

b0131135_23594419.jpg
b0131135_2359589.jpg

松寿園において松戸市立図書館からの移動図書館が開始されました。
隔週で火曜日の1時30分から2時30分の1時間です。
新型車両にたくさんの書籍を積載して館長補佐、司書の方々がお越し下さいました。
蔵書の種類も多彩でご利用者様も職員もたくさん借りることができます。
活字の大きな本もたくさんあります。読みたい本のリクエストもできますので大変嬉しいことです。読書の秋です。本を読んで世界を広げましょう!
[PR]

# by rokkoudai | 2008-10-23 00:01 | 法人本部事務局 | Comments(0)

小学生の職場体験・交流会Ⅰ

b0131135_2082844.jpg
今週の初め、松寿園近くの六実第3小学校の6年生の生徒18名が来園されました。
3つのグループに別れ、それぞれあらかじめ考えてこられたレクリエーション(折り紙、紙芝居、踊りなど)をゲストの前で披露、さらには車椅子の清掃、お茶の配膳などのお仕事も経験されました。最近の子供たちは、ゲストの前に出ても物怖じしないというか、緊張感を感じさせない堂々とした振る舞いをする子が多く見受けられます。頼もしいものです。
印象的な光景がありました。
子供たちの紙芝居を見られていたゲストが涙をポロリ・・・一生懸命がもたらした感動の一コマでした。心のこもった紙芝居を読む子供の声は、聴覚によって声を感知できなくてもその賢明さからの「心」が届いたような出来事でした。目に見えない心が通じ合うということは素敵なことだなあ。と再認識させていただきました。
子供たちも「一生懸命」することの素晴らしさを持って帰ってくれたのではないでしょうか。
次週にも別の生徒さん達が見えるとことで、ゲストの皆さんと共に、職員も楽しみにしています。b0131135_2011875.jpgb0131135_20112617.jpg
[PR]

# by rokkoudai | 2008-10-21 20:39 | 特別養護老人ホーム | Comments(0)

お芋パーティ

b0131135_1918794.jpg
本日は、秋晴れの下、恒例の「お芋パーティ」を中庭で行いました。特養・ショート・デイそれぞれのゲストをお招きし、蒸かしたてアツアツのサツマイモを召し上がっていただきました。
[PR]

# by rokkoudai | 2008-10-15 19:18 | 六高台福祉会 | Comments(0)

松寿園の秋Ⅲ~松戸ピンシャンくらぶ~

b0131135_21523248.jpgb0131135_21525256.jpg

キンモクセイの香り漂う10月第2木曜日。
恒例の「松戸ピンシャンくらぶ(うんどう教室)」が開催されました。

 なお、今回よりうんどう教室に『あおぞら相談窓口』を開設しました。
 健康・介護・福祉制度に関する窓口です。
 皆様、お気軽にお立ち寄り下さい。

 《窓口担当》
  ※第2木曜日 五香六実地区在宅介護支援センター
  ※第4木曜日 常盤平地区地域包括支援センター
[PR]

# by rokkoudai | 2008-10-11 21:54 | Comments(0)

松寿園の秋Ⅱ~大運動会~

10月8日(水)から日曜日を除いた一週間、デイサービス恒例の秋の大運動会が園内中庭で始まりました。
 玉入れ、ボール送り、大玉ころがし、パン食い競争。そして圧巻は、赤組・白組に分かれての応援合戦でした。
 快晴の秋空のもと、新しく完成した中庭にゲストの皆さんの元気な歓声が響きわたっていました。
b0131135_21484445.jpg

[PR]

# by rokkoudai | 2008-10-11 21:49 | デイサービス | Comments(0)

松寿園の秋Ⅰ

b0131135_2138404.jpgクンクンクン。・・・園庭に植えて2年目、まだまだカワイイ「キンモクセイ」ですが、香り漂う季節になりました。
季節の香りから思い出される情景や出来事ってありますよね。


b0131135_2141029.jpgこちらは、同じく園庭に植えてある「オリーブ」
たわわに実ってくれました。わかってはいましたがあまりにもおいしそう。思わず一口食してみました・・・
見た目に惑わされてはなりませぬ。
オリーブから人生の教訓を学んだ気がしました。
どなたか活用法をご教示ください!
[PR]

# by rokkoudai | 2008-10-11 21:45 | 六高台福祉会 | Comments(0)

他部署研修始まる

b0131135_21175059.jpg

特養・ショートステイケアワーカー対象(35名)とした他部署体験研修会がスタートしました。目的は、「施設病」と呼ばれる施設スタッフがかかりやすい病気というか感覚マヒの予防であります。(下記注釈参照)プログラムは1日目デイサービス体験。2日目に在宅系(ヘルプ・包括など)と相談事業体験。2日間だけではありますが、自分の身を違った環境に意図的にさらしてみる。社会人教育としても大きな成長の機会になるはずです。そして、「介護」の深さ・広さを肌で体感し、普段あまり接する機会の少ない他部署の仲間からもたくさんのことを学び・刺激を受けることでしょう。今までの自分の仕事を振り返る時間としてほしいものです。

「施設病」とは・・・施設サービスの労働環境は松寿園という狭隘なスペースに限定されるだけでなく、その中で24時間365日に渡って、ほぼ同じ人間同士における関係性の継続が求められ、さらに介護を必要とされる方が多いという、ある種得意な環境が設定されています。そういった中で注意しなければならないのが「施設病」。・・・知らず知らずに感染する『施設病』と言われる恐い伝染病。もちろん、ほんとの病気ではありませんが、感染力は非常に高い。厄介なのは、自覚症状がないということ。感染する前に、常に免疫力を高める努力が重要となってくる。
症状としては・・・施設内での常識と一歩外に出た社会との常識が合致しなくなる。施設内だけに通用するルールがまかり通るようになる。そういったことに疑問が持てなくなってくる。「仕方がない」と妥協・諦めが固定化してくる。介護の目的・意義・価値観が崩壊してくる。ゲストは顧客であるという基本認識が困難になってくる。等等・・・
[PR]

# by rokkoudai | 2008-10-11 21:35 | 常務理事 | Comments(0)

笑顔!笑顔!笑顔!

b0131135_20215337.jpg

デイサービスでは、誕生日をお迎えのゲストの方にお花のプレゼントと大きなケーキを前に撮った記念写真をお贈りさせて頂いています。
(ただ、目の前のケーキは本物でなくて申し訳けありません)
今日はどんな楽しいお話があったのでしょうか?
満面の笑顔にシャッターを押させてもらいました。
(ゲストの方のご了承を得て、写真を掲載させていただきました)
[PR]

# by rokkoudai | 2008-10-07 20:23 | デイサービス | Comments(0)

六実保育所運動会へ

b0131135_209426.jpg


b0131135_6493960.jpg秋晴れの絶好の運動会日和。地元六実保育所運動会にお招きいただきました。
(5名のゲストの方々と行って来ました。)
ゲストの皆さんは子供達が一生懸命に行う姿を見守る様にご覧になっていました。
最後のリレーでは、「速いね」「頑張れー!!」と応援され、白熱した観戦となりました。
帰り際、来て良かった。楽しかった。と、終始笑顔の皆様。
今回は、お招きいただきましてありがとうございました。
[PR]

# by rokkoudai | 2008-10-07 20:12 | Comments(0)

可愛い来園者

b0131135_9505053.jpg
ある平日の午後、地元小学校2年生3名が特養フロアに来園してくださいました。施設の園庭にて子供たちが遊んでいるのは、よくある光景。「保育所の時に松寿園に来たことがある」とのことで、久々に施設内へ足を伸ばして松寿園ゲストの方々と交流をしてくれました。子供たちの力は絶大!ゲストの方々も自然と笑みがこぼれ、「可愛いねえ~」の一言。・・・子供達もまんざらでもない様子。お互いの感性が触れ合う場面に、施設の雰囲気も和まされました。ゲストの生活を支援するということは、スタッフだけでは到底できるものではなく、社会生活の延長線上に施設ケアがあるのだなあ。と再認識させられました。
[PR]

# by rokkoudai | 2008-10-06 10:04 | 特別養護老人ホーム | Comments(0)

新人研修

10月を迎え、松寿園で一緒に働く仲間が増えました。
オリエンテーションから始まり法人理念・行動規範・ケアシステム・マナー研修・各種マニュアルetc.
9つの講義を16時間にわたって受講していただきます。
また、10月から3月まで6ヶ月にわたりフォローアップ研修を行いサービスの向上を目指します。
講義する職員も改めて自己を振り返る機会にもなります。
松寿園では施設内外の研修が充実しています。
先輩諸氏もより素晴らしいスタッフとして成長するよう勉強の毎日が続きます。
私たちにとって学びの機会を得られるだけでも嬉しいことです。
新人にエールをお願いします!
b0131135_17165968.jpg

[PR]

# by rokkoudai | 2008-10-02 17:17 | 六高台福祉会 | Comments(0)

エステな施設

b0131135_0502347.jpg
私は誰でしょう???
本日はあいにくの冷たい雨が降り、恒例のお散歩にご案内できませんでした。
そこで、オリーブオイルを使用したハンドマッサージとフェイスパックのエステコースを提供いたしました。復元力の高い皮膚はなかなか手強いですが、気持ちのよさは感じていただけたよう・・・癖になりそう・・・少しでも心地よさを感じていただけたら幸いです。
[PR]

# by rokkoudai | 2008-09-30 01:04 | Comments(0)

市内特養相談員集う!

松戸市内11施設で構成されている特別養護老人ホーム連絡協議会(特連協)の生活相談員定期研修会が3ケ月ごとに行われています。今回、担当施設であった松寿園に26名もの相談員が集まりました。
今年度より、市内相談員の横断的活動により「緊急ヘルプネットワーク」が企画・運営されており、緊急性の高いショートステイの入所ニーズに対してシステム的に施設間の連携をとりつつ対応させていただいております。
今回は、①新人スタッフ教育のあり方②ゲスト受診や施設常備薬の用意などについて各施設の対応方法など議論がありました。他施設で抱える課題の大半は自施設の課題でもあり、逆もまたありきのようです。協調しあいながら様々な課題について議論を深める「特連協」のシンクタンク的取り組みは、市内特養全体のサービスの底上げが期待できるというものです。もちろん、施設間の競争も欠かせませんが・・・
何事もバランスが大切ですよね。(協調と競争)
b0131135_0262850.jpg

[PR]

# by rokkoudai | 2008-09-30 00:35 | Comments(0)

認知症サポーター養成講座

b0131135_20215283.jpg夜学講座として、今回は「認知症サポーター養成講座」を施設内で開催しました。地域の方もお誘いしての勉強会です。(職員2人が講師を務めました)認知症を理解する人が一人でも増え、偏見や差別がなく誰もが暮らしやすい社会をつくることが大きな目的です。
今後、認知症の方がますます増加するといわれる中、決して他人事でなく、多くの方が認知症を経験することになるのは、自明のところです。歳を重ねることが不安であること自体、いろんな意味であると思いますが、その不安要素を具体的に少しでも減らしていくことができないだろうか?
”老いる準備”というものを考えていくことが必要になってきたような気がしました。
[PR]

# by rokkoudai | 2008-09-26 20:23 | Comments(0)

社会福祉法人 指導監査(報告)

ゲスト各位・ご家族各位
本日、千葉県松戸健康福祉センター監査指導課から4名の指導監査職員の方々が見られました。年に1度の定例監査です。
事前に提出していたぶ厚い調書をもとに、法人運営・施設運営・処遇サービス・会計の4つの項目について確認をしていただきました。
指導監査をとおして、各運営の基本を再確認し、ゲストの方々の安心や満足の向上につなげていくことが大きな目的です。
結果は・・・「概ね良好!」とのこと。
当たり前のことを当たり前にすることが何かと難しくなっている昨今、当り前と思われがちな結果にホッと胸をなでおろしました。日頃、職員がどれだけ努力をしてくれているかも知っているつもりです。「お疲れ様!」と声を掛けたいと思います。
しかしながら、口頭での注意点も幾つかいただきました。同じ指摘を繰り返さないということが大切です。改善すべきことは、早速とりかかりたいと思います。
[PR]

# by rokkoudai | 2008-09-26 16:10 | 常務理事 | Comments(0)

天高く~

b0131135_1220163.jpg9月第四木曜日。
スポーツの秋にふさわしいさわやかな秋空の下、松戸ピンシャンクラブのうんどう教室風景です。
適度な運動で体を動かし、おいしく食事がいただければ、幸せ一杯!~秋を満喫した一時でした。
[PR]

# by rokkoudai | 2008-09-26 12:21 | Comments(0)

管理職研修会

夜間研修会「労務管理の基礎」を20名の中間管理職員とともに学ぶ機会をつくりました。スタッフみんなが気持よく働ける環境をつくるには?基本的な労基法を経営者だけでなく、中間管理職のみんなと共有していくことが重要です。足元を見つめなおして、労働環境を常にメンテナンスできる自浄能力を備えた組織であり続けたいものです。
b0131135_050797.jpg

[PR]

# by rokkoudai | 2008-09-25 00:50 | 常務理事 | Comments(0)

日向ぼっこ

太陽と風が何よりも気持ちのいい季節になってきました。秋晴れの下、特養ゲストの皆様には、施設の外で3時のおやつを召上っていただきました。「あー気持ちいい!」息抜きって必要ですよね。
b0131135_040739.jpg

[PR]

# by rokkoudai | 2008-09-25 00:43 | 特別養護老人ホーム | Comments(0)

居酒屋

b0131135_16491833.jpg
恒例の居酒屋です。美味しい料理とカラオケも楽しみのひとつです。
日頃は、あまりお話にならない方もカラオケとなると別です。”同期の桜"を熱唱されました。
カラオケで発声することは腹筋にもよろしいようですね。
皆さん、居酒屋の回を重ねるごとに上達されます。


b0131135_165079.jpg b0131135_1650327.jpg
[PR]

# by rokkoudai | 2008-09-20 16:51 | Comments(0)

1年の歩み

b0131135_17211856.jpg先日9/14のなぎさフロア敬老会の際に、「1年間の歩み」をDVDに編集し、ご紹介させていただきました。ポータブルDVDプレーヤーを使い、新館1Fエレベーターホールにて上映しておりますので、ご覧いただければ幸いです。
[PR]

# by rokkoudai | 2008-09-15 17:22 | 特別養護老人ホーム | Comments(0)

敬老の日(感謝の日)

9/14新館2F(なぎさフロア)と新館3F(であいフロア)それぞれで、敬老会が行われました。ご参加していただきましたご家族の皆様ありがとうございました。また、ISOP音楽学院の皆様の本物の演奏で華を添えていただきました。演奏さながらドレス姿の先生たちも非常に素敵でした。どうもありがとうございました。
b0131135_13211078.jpg

b0131135_1323557.jpg

ゲストの皆様、ご長寿おめでとうございます。私たちの日々の介護が100%でないにも関わらず、松寿園をご利用いただいていることに改めて感謝申し上げます。また、日々ゲストの方々の生きる様を通して、私たちはたくさんのことを学ばせていただいております。本当にありがとうございます。皆様方の満足度が少しでも高まりますよう、これからも感謝の気持ちを忘れずに介護に向き合える私達であるよう努めてまいります。引き続きのご愛顧お願い申し上げます。
スタッフ一同
[PR]

# by rokkoudai | 2008-09-15 13:24 | 特別養護老人ホーム | Comments(0)

千葉県施設のあり方モデル事業

標記の中間報告会が、9/12(金)千葉県庁において、行われました。(スタッフ3名出席)松寿園は「地域の拠点としての施設のあり方」といったテーマについて、平成18年度に「施設のあり方研究会」で話し合われたプログラムに従い、今年度1年間をかけて、取り組みを行っているところです。施設スタッフ・ゲスト・ゲストご家族・地域住民の皆様方にアンケートをお願いさせていただき、集計結果をもとに、具体的な取り組みをしていくことが、大まかな流れになっております。今回は、「中間報告」ということで、アンケート集計の結果について、報告をさせていただきました。(手前味噌ですが、発表者の3人は落ち着いて堂々とした素晴らしい発表をしてくれました。聞いていた私のほうが胃が痛くなっておりました。立派!)049.gif006.gif
b0131135_11441231.jpg

社会福祉施設として、地域の方々の安心にどう貢献することができるのか?介護保険事業の各サービスを高めていくことが本流であるのは当然ですが、施設も地域の社会資源の一つであります。ゲストの方々も地域住民の一人であります。地域から孤立しがちな施設ではありますが、地域の目や耳や声を呼び込み、地域との距離が近づくことで、風通しを良くすることが、各事業サービスにとっても大切な視点です。施設と地域が共存し合える。「ふだんのくらしのしあわせ」(頭文字をとって”ふくし”)の一役を担うことが法人としての使命の一つであると心得ております。051.gif
b0131135_115623100.jpg

モデル事業だからといって、背伸びしては、意味がありません。県内どの施設でも実践できるような、取り組みを試行的に行うことが大切です。ハードルが低ければ、汎用性・継続性も担保されるはずですから。先ずは、こういった取り組みを通して、プロジェクトメンバー12名を中心としつつ、スタッフみんなで”施設のあり方”といった大局的な課題について考える場が持てたということ自体、頑張っている価値があるというものですね。
[PR]

# by rokkoudai | 2008-09-14 12:09 | 常務理事 | Comments(0)